FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

残り少なくなった月一回マーケット

後3回で終わる月一回マーケット。
偶然だが、その後まもなく私もこの地を去る。
10年間も開催されていた自然食品マーケットに、5年半お世話になった
ことになる。

以前も近かったが、母が亡くなって引っ越してきた今の住まいからは、
本当に近い。どんな雨でも風でも行ける距離だ。

風といえば、今日マーケットにいる時、突風が吹いて、一軒のお店のテントが
舞い上がって、子どもたちが悲鳴を上げた。そんなのは初めて見た。



毎回だいたい7〜8000円くらい出費するが、
今日は、財布の中身からすると、4,230円。
いつも買う米と味噌がなかったのが、理由。



↓玄米餅500g(800円)、全粒粉のパン(320円)
梅干し100g(250円)、黒生ゴマ50g(400円)、米麹500g(700円)

来月は米麹づくりのイベントがあるとのことで、参加希望。
温度設定がむずかしいらしいが、まあ参加してみる。
今FBで初トライをしている人がいるので、それも見ている。



袋詰め放題で、たったの400円!
20190203200102cc6.jpeg 

聞いてみると、お父様がやっていた農園がそのままになっていて、
はっさくとスイートなんとかというのが、勝手に育っているとのこと。
農薬も肥料もなしで、防カビ剤のポストハーベストもかけていないので、
カビに注意と言われたが、そのほうがうれしい!

見た目はよくないが関係ない。試食させてくれたが、おいしかった。
10個詰められたので、1個40円!



そのほかはいつものように、生姜300円(430g)
同じ人から、小ぶりの大根3本で70円、さつまいも4本で120円。

別の人から、にんじん3本で150円。

全粒粉のパンを買ったところで、キッシュと調理パン2個で720円。



以上、合計  4,230円


メモなど一切取らず、
ここまで記憶だけで書いて計算したら、お財布の中とピッタリ合っていた。
あ、すごい!  フィリピンのマーケットでもなかなか合わなかったのに。



ついに写真の処分が始まった

今はデジタルなので削除のワンクリックで簡単に消えるが、
紙の写真はそうもいかない。

後に残されて困るものナンバーワンという話もあった。

6年前に処分を始めた時は、先祖の写真もたくさんあり、
明治大正時代のガラスのネガまであり、どうしようかと思ったものだ。

あれから数年を経て、何十冊とあったアルバムもなくなり、
書類箱2つになった。

それを今日1つにした。
もう少しがんばって、薄いアルバム1冊にまとめるか、
自分で写真に撮ってデジタル化するか。

友人が業者を紹介してくれたが、
少子高齢化の我が家で誰のために残すのかということになり、
そこまでは必要なしという結論になった。

ついでに、子どもの夏休みの絵日記なども一応読んで始末した。
今、私が書いているブログは、いわばこの絵日記にあたる。




↓40年以上前に訪れたイタリアのシエナとローマ
案内してくれたイタリア人の友人とはロンドンで出会ったが、
この後、音信不通になってしまった。
20190202222023b6d.jpeg 
→ロンドンで出会ったタイ人の友人。
よく一緒に出かけたが、その後お互いの国に帰国してやはり音信不通に。


電話料も高く、郵便しか手段がなく、いつのまにか途切れてしまった。
今だったら、メールもあり、無料電話もあり、SNSもあり、
ずっと付き合いが続いただろうと思うととても残念。


かわいかった頃の娘の写真を見て、しばし思い出に浸る。
娘よ、楽しかった日々をありがとう。
20190202222023be7.jpeg

もう少し処分が進んだら、1冊のアルバムに入れ込むか、
自分でデジタル化する。



さて、次は、銀行通帳の整理と口座解約だ。



明日で1月も終わる

フィリピンから帰国してあまり日がたたないうちに移住を決め、
航空券も買ったので、移住日も決まった。

とりあえずすぐに捨てられるゴミは捨て、ぎりぎりで処分するものは
リストにし、もらってくれる人も探しながら、
行き先の決まったものは送り方を調べることにする。
中古屋さんや自治体のゴミ収集についても。


移住と言っても近いところなので、一時帰国も気軽にできる。
5年4ヶ月前、一度も来たことのない今の土地に
車椅子の母を連れて来た時は緊張したが、
今回は10回も行った国、4回も行って100日くらい滞在した街なので、
行ってからのことは心配していない。

行く前にしなければならないことを考えるとため息が出るが、
まあ、ひとつひとつやっている。

20年した仕事も予想より早めに終わりそうだ。


予定をどんどんこなして、やるべきことの目処がついたら、
そして倹約してぎりぎりやっている家計費があまったら、
最後にもう一度阿蘇に行きたいと思っている。

暖かくなったら、市内でもまだ行ってないお花見名所に行こうと
友人に誘われたので楽しみにしている。
桜も見納めかなあ...



先日、地元産の青パパイヤを買った。パパインがどうのこうの...
と説明書きにあったが。。。。

中はこんなで、スライスして煮たり、炒めたりしたら、
柔らかくなって味がしみこみ、美味しかった。
瓜みたいな感じ。
2019013021070349b.jpeg 

フィリピンで食べた黄色いパパイヤも青いうちに収穫すると、
こんなふうなのだろうか。

いつもは黄色いのを買っていたが、今度は青いのに挑戦しよう。



ここで
偶然、「腸に良い食べ物」ということを書いているブログが目に入った。

↓以下は引用

パパイヤは黄色の熟した状態で食べられることの多いフルーツですが、

腸にいい食べ物という観点では、未熟な青パパイヤが最適です。

その理由は、青パパイヤに特異的に含まれる『パパイン』にあります。(完熟した黄色いパパイヤにはほとんど含まれません


パパインは、

タンパク質・脂肪・糖質の3つ全てを分解する作用を持つのが

最大の特長で、このはたらきが、腸の負担を大きく軽減するのです。

実際にその作用はアメリカのミシガン大学の研究でも証明されており、

パパインは胃腸・膵臓など消化器官の機能を強化し、

消化を促進する作用があるとのこと。


消化の促進は、栄養素の吸収や排泄の促進にも繋がるため、

小腸・大腸の機能の改善に最適です。

青パパイヤには、これ以外にも脂肪や糖の代謝に役立つビタミンB群や、整腸作用のあるミネラル類も豊富。

腸活のための栄養素を複数兼ね備えた、優れた食品です。



なんとなんと。。。そうなのか。
フィリピンでは、青パパイヤも食べよう!


将来的には、庭で、モリンガ、パイナップル、シリ(小さな唐辛子)に加えて、
パパイヤも育てたい。

友人は、庭でコンポストをやっていたら、
いつのまにかパパイヤの木が生えて、実もついていたそうだ。
↓これがそれ。
20190107215607562.jpeg 



ちょっと休憩


今週もまたがんばるので、ちょっと休憩。
カカオ豆からつくったカカオパウダー(+豆乳&黒糖)をパンにつけてみた。
いい感じ。


↓このパンの袋の裏。
加工品を買うときは必ず表示を見ている。
小麦や大豆は遺伝子組み換えかもしれないが、
まあ、添加物は表記されていないので、いいかなと。
2019012711303622c.jpeg 


↓こちらは先日、家族が買ったもの。
こだわり製品を置いている店なので、気が緩んでいたらしい。
半分食べてから裏を見て、驚いた。
マーガリン、乳化剤、膨張剤、トレハロース、アミノ酸等....
なぜこんなに添加物を入れなきゃいけないのだ!
賞味期限が長いせいか。
20190127113038023.jpeg


体調不良が続いている友人が、加工品は裏の表示を見て買い出したら、
だいぶ体調が改善されてきたと言っているので、
やはり気をつけるに越したことはない。




昨日午後に出かけたら、かなり寒くなっていた。
こんなに寒くては、まだ冬物さようならというわけにはいかないが、
着なくて持っているだけの冬物を処分してしまおう。


住民票の移動について調べた。
転出は郵便でもできるが、転入は本人が出向かないといけないとのこと。


まだまだ調べることがある。
でもインターネットで調べられるものが多いので、
昔のようにいちいち電話で聞かなかくてもいいのは便利だ。


やらなければならないことを突然思いつくが、
すぐ忘れてしまうこともあるので、すぐメモるようにしている。

もうメモ帳には書き込みがいっぱいだ。



今日は燃えるゴミの日だった

ゴミ捨ては順調だ。
昨日は埋立ゴミ(つまり燃えないゴミ?)の日だった。
「ルール違反」のシールを貼られているものは残されていたが、
我が家で出したものは1つも残っていなかった。
自治体のルール通りに出せば、ちゃんと持って行ってくれるのだ。

今日は燃えるゴミの日。ゴミ袋大で5個出した。
後は毎日、毎週少しずつやっていく。
大モノはいつ頃、何をどこに出すか、誰に譲るかなど、メモをしておく。
送るものは、送り方や送料を調べて伝える。

最後は中古屋さんと、自治体の粗大ゴミに。
自治体の場合は希望日が収集日にはならないので、要注意。

洗濯機はレンタル期間中なので、電話一本で返せる。




今回の帰国後、つまり今年初めてのお店に行ってみる。
パン屋さんの方は閉まっていて、sold out の札がかかっていた。
人気なので、やっぱり12時半ごろ行かないとダメらしい。

野菜のお店で、島かぼちゃを買う。
九州産だが、島がついているように、元々は沖縄が原産地。

201901232324271b9.jpeg 
焼いても、煮てもおいしかった!  量もかなりある。
(ブログを見たら、1年前にも食べていたが、忘れていた。。。)

東京にいた時、かぼちゃといえば一種類だったが、
こっちに来てからは、普通のかぼちゃのほかに、
肥後野菜のぼうぶらやバターナッツかぼちゃも知った。
ぼうぶらも色や形が様々。



これはフィリピンで買ったカカオ豆。きれいに洗った。
201901232324292d4.jpeg 

フライヤーで焼くと香ばしい香りが部屋中に。
焼いて皮を剥くのは簡単。
201901232324316e0.jpeg 

いつもはそれを包丁で砕いて、すり鉢で擦っていたが、
手間がかかるので、石臼がほしいなと思っていた。

でもうちにあるミルサーというものを使ってみたら、
いとも簡単に20秒くらいでパウダー状になった。
201901232324333d5.jpeg

これを料理に使ったり、
豆乳と少しの黒糖を加えて練っても美味しい。
チョコレートもつくりたいが、
石臼はいる? いらない? と迷っている。



明日は埋立ゴミ&紙ゴミの日

埋立用ゴミ袋の大4つ使って3個、中で1個、小で1個と
紙ゴミ1袋を出した。

大きいモノはゴミ袋(大)を2つを使った。
明日、収集されずに残っていれば、またやり直しかなあ。
でもたぶん大丈夫、以前やったことがあるから。

どんどん部屋がすっきりしてくる。

ブログを見た方から連絡あり。
1つ大モノをもらっていただけることになった。うれしい〜



今日、突然、愛用の陶器のカップが壊れた。
陶磁器はなるべく持っていかないつもりなので、ちょうどよかったかな。

まだ数ヶ月あるので、この分ではモノの処分はなんとかなりそうだ。



モノの処分以外にも今日はいろいろ進捗があったので、
有意義な日だった。




善は急げ!

昨日「燃えるゴミ」用のゴミ袋の大を買った。特大はないようだ。
12枚を使った。つまり12個大きなゴミを出した。
今日、持って行ってくれるといいが。
持って行ってくれない場合は、
袋の種類を「埋立ゴミ」に替えて別の日に別の場所に出す。

このほかに、普通の生活ゴミを小さな袋で2つ出したので、
我が家専用のゴミ置場みたいでちょっと気が引ける〜



さて、善は急げというか、思い立ったが吉日ということで、
移住日を決めた。
その日を逃すと夏に向けて航空券の価格が高騰し、
価格が落ち着くのは秋になる。
そこまでは延ばせないので、決断した。


泣いても笑ってももうこの日しかない。
まだ問題は残っているが、すべてはこの日に向けて進める。
ちょっとドキドキする〜

国内の引越しも大変だったが、海外は何倍も大変だと痛感する。


出発たぶん3日前ぐらいからはホテルに泊まりつつ、
マンションの最後の始末をすることになるのだろう。

カーテンなど、最後まで使うものは、最後の週に処分かな。
寝具は夏なので少ないのがせめてもの救い。
冬物の寝具は暖かくなるにつれて少しずつ処分していく。
掃除機、除湿機、フライヤー、電気釜、鍋などは最後まで使う。
お気に入りばかりだが、持ってはいけないのが悲しい。

コップや皿は最後は紙製品で乗り切ろう。




ここで、ごみ収集車の音がした。
しばらくして恐々行ってみたら、何にも残っていなかった。
よかった! あんなにあったの全部持って行ってくれた、感謝!

次は明後日の紙ゴミと埋立ゴミだ。




できるところから始めよう!

引っ越しの1ヶ月前になったらなどと思わず、
毎日毎日モノ処分をすることにした。
マンションの部屋からモノがなくなっていけば、
移住に向けてのモチベーションも高まっていくはず。

こんな狭い部屋になぜこんなにモノがあるの?
昨年12月にフィリピンに発つ前にかなり処分したのに。。。

見渡せば、
鏡もある。壊れかかっているので中古屋には持ち込めない。
PC用のテーブルも3個あり、椅子ももう2つもあった。

ただ、プラスチックの3段ケースが分解できることがわかったので、
これはよかった。早速分解する。
2段のゴミ箱もあるが、これも分解できる。


うちで使っているゴミ袋は、特小、小、中の3種類だが、大を買ってこよう。
特大もあるかもしれない。
以前もう使わなくなった電子レンジを処分しようと業者に頼んだら、
「ぎりぎりゴミ袋に入れば、そのまま捨ててよかったんですよ」と言われて
驚いたものだ。今回はできるだけ挑戦してみよう。
「ルール違反」のシールが貼られたら、回収してやり直そう。


昨日まとめたゴミを出そうと張り切って起きたら、
なんと今日は日曜日だった!




さて、このところはまじめに自炊をしている。
家で食べていると、外食の味は濃いなあと感じる。

家ではなるべく食材の味を生かして、プラス
塩、胡椒、味噌、ハーブ、唐辛子、生姜、にんにく、
オリーブオイル、ココナッツオイル、ごま油、カレー粉、
モリンガパウダーを少し。
シナモン、ターメリックなど各種スパイスを適当に。
醤油も隠し味程度にしか使わない。


昨年、アフリカのレソト王国で無農薬栽培されたハーブ&スパイスを
購入してまだ使っている。
タイム、ローズマリー、オレガノと来て、今日からネトル
ネトルは初めて。香りはそうでもないが、料理が生き生きするので
気に入った。



ちなみに今、ローズマリーの空瓶には重曹が、
オレガノの空瓶にはモリンガが入っている。
20190120162914a54.jpeg 

味噌は味噌汁以外にもよく使う。
味噌にはこだわっていて、月一でいつも生産者から直接買っている。
こだわり味噌にしては値段はまあまあ。
ところが、今回は日程が合わず、別の店でとても高い味噌を買ってしまった。
とても美味しいが、高いので少しずつ大事に使っている。



フィリピンで買ってきたカカオ豆を炒って、すり潰し、黒糖を足して
一緒に練ってみた。味は。。。ブラックチョコレートだ!

すり鉢より石臼がいいようなので、移住の前に買いたい。
チョコレートの作り方もちゃんと習いたい。


もう一つフィリピンから買ってきたのがココナッツオイル
日本でもフィリピンから輸入されたものを購入していたが、
今回買ってきたのは、とても美味しくて、油炒めがとても楽しみ♬

ただ、日本の冬は屋内でも26℃以下なので、白く固体化していて、
容器がぐにゃぐにゃになっているので、ひとにあげるのも気が引けて、
結局うちで全部使うことになった。
全部なくなった頃に移住かなあ。。。




さあ、行動開始!と自分に言い聞かせる

帰国してから早や1週間近くが過ぎるので、ちょっと焦る。
引っ越しはここまでの人生で幾度となくやったが、
いつでも大変なのはモノ減らし。


日本の夏に南国に移動するので冬物の衣類はもう要らない。
冬に日本に戻って来ることを考えてセーターやコートを数枚残し、
後は冬が終わるとともに処分。
いつか着ると思っていて持っているだけの冬物は今から処分。
ゴミ袋に入るモノは毎日少しずつ処分していけばそのうち終わるだろう。


この日が来ることを予想して、家電と家具はレンタルしていたのに、
この地の滞在が長過ぎ、ほとんどレンタル期間が切れてしまい、
まだ切れてないのは洗濯機だけ。

その結果、
2ドアの冷蔵庫、2〜3人用のテーブルと椅子2個、食器棚、
天井の照明器具3個を自分で処分しなければならなくなってしまった。

ほかに空気清浄機、母の最後の数年活躍した電子治療器、
3段重ねのプラスチックの収納容器が4個、物干し竿、
とても頑丈な足踏み台、大きなプラスチックの収納箱、洋服掛け、
ほかにまだある。。。(泣

中古屋さんに引き取ってもらえるものがあるか、聞いてみよう。
誰かもらってくれる人いないかなあ?

最後は粗大ゴミで費用をかけて処分するしかない。


毎日使っている、お気に入りのストレッチポール(ヨガポール)があるが、
持っていけないし、長いので、送る箱にも入らない。
切り刻んで捨てるしかないか。。。悲しい〜
20190119133144d98.jpeg 


そうだ、パソコンもある。
今はタブレットでほとんど済ませているので、あまり使わない。
オンライン通販の仕事が4〜5月頃に終わると、もう完全に必要なくなる。
5年使って、調子もあまり良くないけど、まだ使える。
持って行くか?




↓フィリピン話題。

かわいい、小さな唐辛子のシリが気に入っているが、
マニラの空港で、それが入ったアイスクリームを食べた。
白いのがナッツ入り、赤いのがシリ入り。
ナッツも美味しかったし、シリの方はピリッとしてまた美味しかった。


最後に市場に行った日に見かけたが、
売っている人がたまたまいなくて何だかわからず、買えなかった。
これはなんだろう?   次回のお楽しみ♬
20190119122247b51.jpeg 


娘は声楽をやっていて、
歌の練習に、日本では音楽スタジオやカラオケボックスを利用する。
どうしても行く時間がない時は、マンションを締め切って、
昼間の人のあまりいないだろう時間に発声だけ短時間で済ませる。

ところが、フィリピンでは周りでみんな昼間はもちろん夜遅くまで
歌ったり、踊ったり、スポーツをやったり、バイクの音がしたり、
動物は時間を選ばず鳴くので、騒がしい。

極め付けは、空港内のホテルに泊まった時、夜中に修理?をやっていて、
眠っていたら突然トリルの音が響き、驚いた!

そんなことで、娘は滞在したアパートで、かなり遅い時間まで
毎日思い切り歌の練習をした。念のため窓は閉めたが。

そして、アパートを出る前の日に披露した曲は以下の通り。
20190119133448d1e.jpeg 
これにプラスで、自分でアンコールして(^_^*)
結婚行進曲(ドイツ語)だったかな。。。

聴いてくださった方々、ありがとうございました!




言葉について

フィリピン英語の単語は、米語/American English だと思っていると
英語/British English だったりすることもある。
   
たとえば
レストランの勘定書は、英語のbill (米語は check)
紙幣は、米語のbill  (英語は note)
電気代等の請求書も、bill なので紛らわしい。
            
「 列に並ぶ」は、先日、Immigrationに行ったら、
表示に英語のqueue (米語は stand in a line) が使われていた。
これは断然 queue のほうが便利でかっこいい。

また毎日の英語生活で、update という言葉は便利だなあと感じた。
私が思っている以上に、使われていた。


滞在地の現地語はビサヤ語なので、
現地の人同士ではビザヤ語で話している場合が多いが、
時には英語でおしゃべりしている人たちもいる。
きっと片方の母語がビサヤ語じゃないのだろう。

スペインには300年もの長きにわたって支配されたが、
宗主国がスペイン語を支配層だけの言葉としたため、
スペイン語は普及していないが、
マニラで使われるタガログ語にはかなりスペイン語が入っているという。


外国語を母語のように国民が話せる国は、
他国に支配された辛い悲しい歴史があると思っていた。確かにそうなのだ。

一方、英語教育を受けても受けても上手にならない日本人の英語下手は、
(沖縄以外は)他国にあまり支配されなかった国民の幸せの証しのように
思えたが、そうとは限らないと最近この年で気がついた。

見かけは確かに独立国だが、内容はどうなのか。。。と思う昨今。


アジアに唯一、他国の支配を受けなかった国がある。タイ。
フィリピンに移住したら是非訪れてみたい国のひとつだ。

実はフィリピン移住の前にタイ移住を考えたこともあった。
仕事のオファーがあったので。
でも当時は高齢の母もいて、母を預けるところがなくて断念した。


20190116202918788.jpeg 
↑フィリピン名物ハロハロという氷菓子。
だいたい甘いのだが、ここのはそれほど甘くなく美味しかった。


↓上記とは別の、遊び心満載のカフェ。
201901162025584e0.jpeg

We’re all mad here.
201901162047236e0.jpeg 


20190116204725fdb.jpeg

2階もあった。
20190116204726f65.jpeg 

天井。ほかにもいろいろぶら下がっていた。
201901162058220b1.jpeg 

観光客がいっぱいだった〜