FC2ブログ
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

どこまで削れるか

ブログを少しお休みして。。。
などと言った翌日にこうして書いている自分に呆れる。

懐かしいフィリピンの花。あちこちで咲いていた。
名前は聞いたけど、忘れてしまった。



さて、7月分の食費を計算した。
実はこれも終活の一環。娘に家計簿を渡すので。

7月は外食一切なし、カフェで一服もなし。
食材購入店は菓子店やコンビニも含めて11店。
一人分は、一日1,240円。
1日3食なら1食分が413円になるが、たいてい2食なので1食分が620円か。
外食に比べればずっと安いが、このご時世なので、1日1,000円まで落としたい。
質を落とさないで、メニューを工夫して、やってみよう。

コンビニ弁当&ドリンクを1日2回買って暮らしている人を知っているが、
1日1,000円ぐらいはかかるのではないか。

それなら、食材にこだわり、料理に工夫して、美味しく食べた方がいい
と言ってみたら、料理は苦手と言っていた。
私だって苦手だよ、テキトーに作っているだけだから〜

添加物など気にしないで加工品を買い、
農薬など気にしないで野菜を購入すれば、簡単に金額を落とせるが、
それはできない。私の最後のこだわりだ。


友人で、ベランダ菜園や梅干し、漬物を作っている人はたくさんいる。
味噌、醤油、麺、パン、菓子まで作っている人も複数いる。
楽しいし、比較的安全だし、おまけにかなり安くつくという。
う〜ん、面倒くさがり屋の私には全部は難しいが、少しずつやって行こうかな。
もうほかに方法はない。


........................................
美容院は、半年間、自前カット。
出かけないので、衣類には一切かからない。
時々、娘のお下がりをもらう。


..........................................
3kg減量計画は、2.6kgまで減量できた。あと0.4kgで目標達成!
今回は非常に簡単。毎朝、起床時に体重を測るだけ。
毎日30分、全身揉みほぐしをやってもらっているのも効果あるのか。


...........................................
ほかに何か削るものはないかな?

ネットショップは、10月末がショップ維持費の更新時なので、
その時に閉店するかなあ、ちょうど創業20年だし。。。と悩んでいる。



。。。。。。。。。。。
75年前、父子家庭で父親が軍隊に召集されていて、
14歳と12歳の姉弟で広島で暮らしていたところ、被爆し、
崩れた家の中から弟が姉を引っ張り出し、出身地の長崎に向かったところ、
また被爆。。。という人の話を読んだ。
姉は現在89歳。弟は84歳で亡くなったとか。

ほかにもいろいろ。。。。毎年、新しい話が出てくる。

総理は、相変わらずのスピーチで、「唯一の被爆国」と言いながら、
日本が核兵器禁止条約に参加しないのはなぜ?
アプローチの仕方が違うとか言っているが、意味がわからない。




今度こそ、本当に終活仕上げ


今年は、季節感がなく、紫陽花をアップすることも忘れていた。
これはどこで撮ったか忘れたけれど、今頃アップ。


あと数日でまた年を取る。
私たちの命は有限。でもいつまでかは誰にもわからない。
それがいいのか、悪いのか。。。。
わかったら予定が立てられていいのか、それとも辛い毎日が続くのか。

いずれにせよ、そろそろきちんとしなければと思う。
面倒くさいことは延ばし延ばしにしているが、
特に高齢者にとって、本当に明日はどうなるかわからないので、
いろいろ気になって仕方がない。


1年前は何を書いていたかな?と思って、遡ったら、
こんなことを書いていた日があった。

「68歳でアジア、中東などを一人旅した女優さんがいるが、
完全な一人ではないと思う。スタッフがいるに違いない」

これは、木内みどりさんのことだ。
70歳で70か国目を、娘さんと旅する予定だったが、
元気いっぱい仕事をしていた旅先で、突然亡くなってしまった。
私も読んだTwitter投稿をした何時間か後のことだった。


誰にも明日はわからないのだ。


この7年間で、
一度も来たことがなかった土地で楽しく観光気分で生活し、
母を見送れたし、国内外へ旅行もしたし、
新しい友人もできたし、
いろいろ残念なことにも遭遇したが、それはそれで仕方がない。



やるべきことは、少しずつやってきたので、
あと残すところざっと10〜15項目ぐらいなのだが、それが大変なのだ。

でもいつかはやらなければならないことなので、一つずつ片付けていく。

ブログも少しお休みして、次アップするときは、
「終わった! これからの人生も楽しく生きていく!」と書けるようにしたい。




シンプルライフ、質素?な食事


起きたら頭が痛かったので、二度寝をした。
というわけで、朝飯は抜き。水分だけは取った。

昼?は、押麦(はだか麦)入りご飯に、梅干しと(知合いが作った)白味噌。
それに、がんも&野菜の煮物。
味付けは、いつものように、生姜、モリンガ、味噌、唐辛子、にんにくなど。
先日、沖縄から取り寄せた月桃花のお茶をロックで。


夕飯は、アボカド&コリンキー&オリーブオイルのペーストを作って、パンに塗った。
これで、大きなコリンキーもなくなった。
この前は、毎日サラダで食べていたので、なくなるのに1週間もかかった。



おやつ?には、石川早生という里芋。

「蒸したり茹でると手で簡単につるっと皮がむけます。
きぬかつぎという食べ方ですが、肉質にねっとりと粘りがあり、
蒸したときに皮離れがいい石川早生ならではの食べ方です。
シンプルに塩だけでお召し上がりください!」

とH Pに書いてあったので、その通りにしてみた。
美味しい、美味しい! 里芋がこんなに美味しいとは知らなかった。
自然栽培で、10個で199円! こんなに安くていいの?
まだあったら、買ってこよう。


最近は肉をまったく思い出さない。
牛乳もやめて豆乳にしている。
卵は平飼いのものを時々。
トンカツやすき焼きが大好きだった私はどこに?
今でも好きなカレーだが、肉なしのことが多い。



署名にご協力を!



パッションフルーツに少しシワが出たので、デザートに。
美味しいには美味しいが、あっ気なく、あっという間に、ごちそうさま!




ようやく、アベノマスクの押し付け配布が止まったが、
さらに8000万枚すでに発注済みなので、必要とされなければ備蓄になるとか。
推進責任者だけでも、一生使用してほしかったが、
どうやらベツノマスクに変更の気配。

それにしてももったいなかった!
黒部ダムやスカイツリーが建設できる費用。
コロナ研究所を作り、研究員を雇い、数年経営できる金額。

(与党の)誰も裸の王様を止めなかった恐ろしさを感じる。
GOTOキャンペーンも同じ。
このまま行くと、8月には目を覆うばかりの惨状になると、
某教授が言っていたが、まさにその8月に入ってしまった。


私の生活環境でも毎日新しい感染者数が更新されていく。

感染すると後遺症として、20年老化するという説もある。
心臓をやられるという話も。。。。
やっぱり、感染できないな。


家族がそろそろ仕事復帰を考えていたが、
私にうつしたらいけないと、躊躇している。


なんとか今回の持続化給付金で凌ぐことも視野に入れていたが、
それが、今回の持続化も申請の条件が厳しくて、
対象外になる人が多く、途方に暮れており、署名行動が始まった。



諸外国のように、申請なしか簡易申請で給付したのち、
確定申告で調整というふうにはどうしてならないのか。

太郎さん言うように、基本的にドケチ政権なのだろう。
あれこれと、よくこれだけの条件をつけられるものだと感心する。
まるで、一番困っている層をわざと振り落としているかのようだ。






ついに健康寿命も尽きるか、いや延ばしたい

いつの間にか梅雨も明け、室内でも31度超えで、エアコンを28度設定でつけている。 


何だか食欲がなく、朝は抜き(健康にいいらしい)で、お昼はこの程度。

 

シリアル系は好きだが、私好みのものがなかなかない。
これは、モール内の大型スーパーで、最近見つけたもの。
甘味料無添加のもち麦。もちろん全然甘くない。
製造所は山梨県で、残留農薬の検査済。
もう一種類あったので、今度はそれを。



そのモールの向かいにある小さな八百屋さんで見つけた
地元産のパッションフルーツ。


フィリピンのパッションフルーツとは見かけは違うが、
良い香りは同じ。1個128円。
 


↓フィリピンのは、これ。
これがもう少しピンク色になったのも、まだ青いのも見かけた。
日本のと大きさは同じくらいだが、色が違う。
違う種類なのかな?

こちらは3個で50ペソだった。日本の3分の1だが、
他の果物に比べて、それほどの価格差はないと感じるので、
また買ってみよう。効用はいろいろあるし。



今日はこのまま行くと、何も食べなくなりそうだったので、頑張ってカレー作り。

 

実は私の一番好きな料理はカレー。カレーなら食べる。

子どもの時に、4皿続けて食べてすごく苦しい思いをしたことがある。
今思えば、そこまでお代わりさせた母も母だが。

20代にロンドンで働いていた時は、ランチはたいていインド料理店だった。



頑張って作って食べたご褒美に、ビールを。
この沖縄のビール、2回目。




私の誕生日月になったけど、今月はいったいどうなるのだろうか。
毎日毎日増えていく、コロナ感染者。
検査数が増えているからだと言うけど、
まだまだたらい回しされたり、待たされたり、拒否されているらしい。
救急車を呼べばすぐ検査してくれるというので、
私は具合悪くなったら、救急車を呼ぶと決めている。

保健所に拒否された人が、「持病が悪化したらどうするんですか?」
と言ったら、返ってきた言葉が、「それは仕方ないですね」だったとか。


ついに無策な政権に、与党支持の医師会が反旗を翻したようだ。
それはそうだ。女帝さんはただ数字を読み上げたり、ステッカーを貼れだの、
22時で閉店しろとか、20万だけ出しますとか、
国は、それでもなるべく注意して旅行には行けだの、支離滅裂。


あれだけひどかったNY市が、1日の感染者が10人程度になったそうだが、
日本はどんどん増えていく。
ついに私のいつも通る、2度くらい行ったこともあるお店の隣のビルでも
クラスターが発生した。
その近くでそろそろ仕事に復帰を予定していた家族も引いていく。


あんなに威勢の良かった森羅万象担当大臣はこのところ、とんとお見かけしないが、
会食には行っているようです。GOTO イートを使っているのでしょうか?

国民がこれだけ国難に晒されている時に、「注視しています」じゃねぇ。
世界に類を見ない日本モデルはどうなったんでしょうか?



ほかに呆れたこと。

NS子国会議員が、審議中に「女帝」を読んでいた。
→是非読んで欲しいですが、仕事中はやめてください。

地元の豪雨災害関連の審議中に、地元選出の国会議員が英語の勉強をしていたが、
審議はちゃんと聞いていたと言っている。
→そういう問題ではないでしょ。呆れて言葉も出ない。次は選出されませんように。
 

ちなみに「女帝」関連だが、森羅万象担当大臣も読んでいるのには、びっくりした。
全部かどうかはわからないが。

コメントしているのは、拉致被害者が帰ってきた日の記者会見の場面。
残酷な情報を聞いて、帰ってこなかった被害者家族は涙に暮れている。
その後ろの真ん中で女帝も涙を拭ったり、家族の肩に手を回したりしている。
しかし、その後カメラのない場所では一転、被害者の気持ちを逆撫でする行動をした。
その場面について、森羅万象担当大臣は、
「そうなんだよ、これ。突然その日、Kさんはやって来たんだよ」と言っている。

やっぱりカメラやTVは最大限利用するんだね。恐ろしい〜




「明日は我が身」に備えて

以下、ためになる情報を貼ります。



【水害直後 弁護士からの10か条】
 〜西日本豪雨の教訓を踏まえて(令和2年7月26日版)

★ 災害支援に取り組む広島の弁護士です。
 九州をはじめ、全国各地の被災者の方々へお見舞い申し上げます。

★  平成26年広島市豪雨災害、平成30年西日本豪雨災害と、二度にわたる大規模な水害を支援してきた弁護士として、『早くに知っていれば』と、悔し涙を流された多くの被災者の方々を代弁する、切なる願いを『10か条』に込めました。

★  昨年、東日本の台風水害において発信した際、『役に立った』と多くの方々や、自治体にシェアして頂きましたので、重複ながら、再投稿致します。
 被災地に届きますよう、そして、他の地域の方々にも、今後の備えとして、何らかお役に立ちますよう、祈念しております。



【1  土砂撤去で無理をしないで】

 〜 自宅も気になりますが、土砂は細菌も含んでおり、想像以上に健康状態を悪化させ、災害関連死のリスクを高めます。
自力では限界があるので、まずは体力の回復に努めてください。行政やボランティアからの案内を待ちましょう。


【2  通帳や権利証を紛失しても大丈夫】
  
 〜 銀行の預金通帳や、定期預金証書、不動産の権利証などを紛失しても、財産はなくなりませんので、安心して下さい。


【3  落ち着いたら、自宅の写真撮影を】

 〜 自宅の写真を、片付け前に複数の角度から撮影し、被害に見合った罹災証明書の発行を受けられるようにしましょう。
判定の結果は、公的支援の内容に影響します。不服があれば再調査の申入れが可能です。


【4  修理は決して急がず】

 〜 自宅の修理は、乾燥してから行う必要があります。また、災害救助法の応急修理の制度(例 /半壊以上で59万5000円までの費用補助。準半壊にも適用拡大。)を使うと、原則、仮設住宅へ入居できません(ただし、7月26日現在、運用が改善され、入居できるケースもあるので、自治体に確認願います)。慌てないで、全体の修理内容や費用面をしっかり検討してからにしましょう。一部だけの修理で、壊れたままの家に住むことを余儀なくされる可能性があります。言葉巧みな消費者被害にも要注意!


【5  お金を払う前に、行政の窓口で相談を】

 〜 土砂の撤去や、自宅の修繕につき、公的支援の制度があります。事前に役所へ相談しないで業者などに支払った場合、後から請求できないことがあるので、要注意です。必ず行政窓口で相談してください。

 もっとも、被災直後は、自治体も体制が整っていないケースがあります。
  各自治体ごとにホームページを開設していきますので、情報を確認してみて下さい。


【6 保険の内容を確認しよう】

 〜 近時の住宅保険には、火災保険に水災の補償が付いているものが多いです。また、家財保険による補填も考えられます。自分名義でなく、親族が契約している場合もあるので、よく確認してみましょう。

 証券を紛失しても請求できます。 

    自動車保険も同様です。


【7 敷地内の物の処分や撤去は、慌てずに】

 自宅に流れ着いた第三者の物や、廃棄物の処分について悩んだ場合、まずは、行政窓口や、各地の弁護士会が近々開設するであろう、被災者電話相談などを利用して、処分してよいかどうか、費用はどうするか等、相談してみてください。

 また、隣家の家財やブロックなど、所有者が分かっていて撤去を求めたい場合も、すぐには解決できないこともありますので、ケンカせず、弁護士会などを頼ってください。

 今後、無料の電話相談等が開設されたら、アナウンスがあると思います。
 
 お急ぎの場合、下記の番号より、最寄りの法律相談センターで面談の予約が可能です。

0570-783-110 (最寄りの弁護士会法律相談センターに繋がります)。


【8  収入の目処が立たない方々へ】
 
〜 水害で職場が水没した。道路が寸断されて、勤務先へ行けない。明日からの収入の目処が立たない方々に対しては、雇用保険の失業給付等、色々な制度があります。

  また、雇い主側を補助する制度もありますので、少し落ち着いたら、各自治体や商工会にお問い合わせ願います。
  各種ローンの返済や生活再建等に関する相談は、弁護士や司法書士もご活用下さい。


【9  税金、医療費の減免や、教育の補助等があります】

〜 大規模災害時には、各種税金等の減免や、水道光熱費・携帯料金等の支払猶予、教育費用の補助、医療費の免除など、実に様々な支援が用意されています。

 行政も、まだ機能していない地域もあるかもしれませんが、慌てることなく、相談体制が整うのを待ちましょう。


【10  必ずや生活再建は出来ます!】

 〜 愛着のある家を離れ、途方に暮れている方々が大多数だと思います。
 西日本豪雨災害も同様でした。

 しかし、今後、公的制度による給付金や、義援金、保険金、各種の融資制度、二重ローン減免制度など、色々な仕組みを活用することで、生活再建を図ることは可能です!
 修理や再築のための災害復興住宅融資もあります。

 『難しいことはよく分からない』
 分からなくて当然です。

 ぜひ、些細なことでも構いませんので、落ち着いた頃、弁護士などの専門家を頼ってください。

 今は、発災したばかりです。
 周りと比べて焦る必要は全くありません。

 まずは、お身体を大切になさって下さいませ。

 長文に目を通して頂き、ありがとうございました。

※  分かりやすく表現するため、専門用語ではなく、日常的な用語を使っています。


怖いこと、感心すること、呆れること

昨日の続き。


見ていても、実行しないとダメなんだけどね。
まだまだ痛いところが数カ所あるので、自分でもやらないと。




。。。。。。。。。
また激しい雨が降り、また球磨川が氾濫した。
せっかく少し片付けたところで、また被害が。


自衛隊は家には入ってくれないので、自力でやるしかない。
高齢者は、泥水を吸った畳や布団が重すぎて、運び出すこともできない。
ボランティアも少ないので、頼んでも来てもらえない。
市の費用負担で、業者にゴミを運んでもらえるのだが、
そもそもその業者の数が足りない。


福岡の大学生が見かねて、GoToトラベルを使って支援に行こうとしたら、
観光じゃないとGoToは使えないと言われたとか。これには、呆れた。
本来なら、支援に行く人には国の費用全額負担はもちろん、日当だって出すべきた。
今のままだと、行く意志はあっても、経済的に余裕がないと行けない。


また、自前のボートで何人もの高齢者を水没しかけた家から救出した人がいるが、
救出が終わった時点でも、自衛隊も、警察も、消防署も来なかったのは
なぜ?と疑問を投げかけていた。
通報してから10時間くらい経っていたとのこと。


そういえば、高齢者施設で、
50代の女性スタッフがひとりで、外れたドアに利用者を乗せたり、
車椅子のまま水に埋まっている利用者を励ましたりして、朝まで頑張ったという。


母のお世話になった施設も平屋だった。
広い敷地で2階にする必要がなく、階段の上り下りもなく、便利と思ったが、
こんな時は、2階があったほうがといいのではと思ったりする。
でも車椅子の利用者を全員2階に運ぶのが間に合わなかったところもある。
エレベーターがあったとしても、浸水、水没してしまったら機能しないのでは?




まるで地震や津波に襲われたような光景で、
家はもう壊す以外ないと言っている人も多い。

こんな状況でも、ボランティアは観光じゃないからGoToは使えないって、
おかしい!

東京の身内にやっと10万円給付があった。申請から2ヶ月!
持続化給付金はこれから申請するが、今年中に来るだろうかと言っている。

まさに「世界に例を見ない」遅すぎる対応だ。

消費税を減税する、している国々も出てきているのに。




毎日の楽しみが一つだけある

もう2ヶ月近くなるが、毎日30分くらい全身を揉みほぐしてもらっている。 

初めはあちこちが痛くて悲鳴をあげたが、 
今は、時々、凝っているところを発見してもらう時以外は、
痛くないどころか、 気持ちがよくてたまらない。 

今のように、出かけることが少なくなり、歩くことも少なくなっているので、 
ふくらはぎは特に念入りにやってもらっている。 

以前は、日中、体が凝って背中が痛くなり、
ストレッチポール(ヨガポール)が必需品だったが、 今はポールの存在を忘れている。 

そしてこの何回か、特に変化が見られる。
手、腕や足の筋肉をほぐしてもらっていると、私の頑固な腸が動くのだ。 
今まで便秘をすると、お腹の辺りを擦っていたが、何の役にも立たなかった。
う〜ん、私の腸は腕や足に通じていたのか。。。と感激している。


今まで、いろんな図を見ても、面倒さくなって、いつも3日坊主だった。

今も自分でやればいいのにと言われているが、なかなかそうもいかない。
ひとりでやっても、角度の関係で力が入らないし、楽しくもない。
シャワーを浴びて、布団に寝て、「気持ちいい〜、そこそこ、もっと強く」
などを言っている方が、ずっと楽しい。
至福の時が終わると、そのまま一気に眠りに落ちると行きたいところだが、
1時間くらいは、水分を摂ったり、トイレに行ったりしてから寝る。


でも、コロナがある程度収まると、仕事が始まるかもしれない。
そうなると、今みたいにはやってもらえなくなると思うので、
少しずつ、自分でもやってみようと、他にも見やすい図を探している。


もうすぐ、健康寿命が尽きるし、これからは本当に心して生きていかないと。



 















いつの間にか7月も最後の週になる


ステイホームで歩かないのでエコノミー症候群になる人がいると聞いて、怖くなり、
ネット振り込みをやめて、ちょっと遠い銀行まで歩く。

4年前まで3年間住んでいた地域なので、懐かしい。
芙蓉の花が咲いていたが、蕾の方が美しく見えた。



以前はよく行っていたパン屋さんに入ると、
パンが、いくつかまとめて紙袋に入っていて、
そのまま持っていけるようにという配慮が感じられた。種類は少なかった。

思いかけず、間限定の梅干しがあったので、ゲット。
塩と紫蘇だけで漬けた梅干しはなかなか見つからないので、
見つけた時はチャンスを逃さない。




梅といえば、自家製梅干し。
4日間、天日干しして、瓶に入れた。

これでいいのかなあ? 腐らないのか? 
心配だが、3ヶ月後が楽しみでもある。
自然栽培の梅なので、見た目はよくないが、味はどうなるか?
3ヶ月後は、10月末。コロナはどうなっているだろう。。。




2月にコロナ自粛に備えていろいろ買い込んで、キチン狭しと置かれていたものが、
半年でいよいよなくなる。
あんなにあった米も、雑穀米も、発芽玄米も、黒米も、
麺類も、レトルトも、乾燥野菜も消えていく。
(結局、缶詰は買わなかった)

今日は、残りのこうや豆腐と乾燥野菜、ひじきなどを
ココナッツオイルで炒めてから、煮物に。
生姜は切らしているが、にんにく、モリンガ、唐辛子、味噌、醤油、黒胡椒で味付け。

カレーはレトルトが残っていたが、そのままでは芸がないので、
残り物の生野菜を全部入れて、煮込んだ。とろみは蓮根パウダーを加えて。



このところ、ずっとビールは飲んでいないし、焼酎もたま〜に。
スイーツもほどほどに。
で、コロナ太りの3kgは、2.3kgまで減量に成功。
成功の秘訣は、毎日起床時に体重を測り、記録すること。
あと0.7kgだー



梅干し

昨日、今日とお天気が良いので、梅を干した。

心配していたカビも見当たらないので、ほっとしている。
マンション住まいで、ベランダ側には大きなホテルの高い建物があり、 
日当たりの時間が限られているが、なんとか干せた。

夕方、取り込むと、なんとも言えない良い香りがした。

 

梅酢と下のほうに残っていた塩は、少しずつ料理に使っていく。
梅酢もかなり塩分が多いので、今年いっぱい、普通の塩は要らないかもしれない。
塩麹も作るのはしばらく控えておこうかな。

毎日飲んでいるレモン水に、梅酢をほんのちょっと垂らしてみたら、美味しい!



半年にたった2回の外食で、いよいよ家ご飯に飽きてきて、
混んでないレストランに行ってみようかという話も出たが、
最終的にやっぱりやめた。

食材を買い込んで、いつもより豪華な食事をしたが、
それでも外食よりずっと安いし、まあまあ美味しい。
コーヒーも家でこだわりのコーヒーを入れる方が、美味しくて、安い。
わかっているけど、それでもたまには外で食べた〜い。

最後にちゃんとした外食を楽しんだのだのは、
1月末、フィリピンのネグロス島で移住者の友人夫妻と4人で2回。
そしてマニラに戻って、2人で2回かな。



美容院にも半年行ってないが、いいかげん行ってみようか?
それともまだ自前でカットするか? 悩むところだ。
でもまだそんなに変な髪型にはなっていないと、鏡を見て確かめる。
「鏡さん、鏡さん、まだ大丈夫だよね?」と。
今晩、もう一度挑戦するか。。。自分でカットするのも案外楽しいのだが。




子どもの英語の先生をしている知り合いとLINEで話したが、
生徒たちの間で、GO TO なんとかというのが、大はやりだそうだ。
GOの後には必ずTOが来ると思い込み、
そしてそのTOの後には何が来てもいいと思いこんでいる生徒が大半だとのこと。
毎日毎日、TVで「GO TO トラベル」と流すので、困っていると。

漢字だってそうだよね。デタラメな読み方ばかりして。ミゾユウとかデンデンとかね。

そのキャンペーンだが、東京発着はダメとか、高齢者や若者の団体は除外とか、
ウイルスのようにどんどん変異する。

しまいには、
「じゃあ、私たちはどこにGO  TOすればいいのでしょうか?」と言っている人も。

ああ、いやだ、いやだ。おかしな英語のキャンペーン。
それに、Stay とか、Goとか、そんなに命令されたくないよ。
いったい、どっち? 

すごく矛盾していて、迷走している政府の方針だが、
国民を守るのではなく、自分たちのお仲間の利権を守るという観点からすると、
矛盾はなく、首尾一貫しているのだ。

今まではうまくごまかしていたが、コロナ渦中で、すっかり手のうちが、
私のような普通の国民にも裏が透けて見えるようになってしまった。

なんでも、幹事長は全国旅行業協会の会長なんですってね。
81歳になっても、なんで今更そんなに儲けたいのか?という声もあるけど、
会長としてのメンツを潰されたくないという思いも強いのではないか。

81歳とか、79歳とか、やっぱり政治家はパワフルだ。